映画ネット

人気映画やドラマのあらすじやキャストをご紹介!

映画

【映画】ヘルタースケルターのあらすじをラストまで紹介!

投稿日:

2012年に放映された蜷川実花の監督第2作の映画『ヘルタースケルター』。

誰にもいえない秘密をかかえるトップモデルのりりこ、羨望の眼差しで人々に見られて幸せの絶頂!はずだった……、でも少しずつりりこの幸せになるために手に入れたものが少しずつ崩れ始める。

それでは以下、ネタバレを含めたあらすじなどをご紹介していきますのでご注意ください。

 

ネタバレ前に実際の映画「ヘルタースケルター」の動画を見てみたい場合は、U-NEXTで最初から最後まで高画質で楽しめます^^

ヘルタースケルターの動画はコチラ

映画『ヘルタースケルター』のあらすじ・ネタバレ

人気絶頂の美人モデル・りりこ。圧倒的な美貌を武器に、一気にスターダムにのし上がってきた彼女には重大な秘密がありました。

それは彼女が整形美人であるということ。

 

りりこの頭の中ではいつも、音が聞こえていました。それは秘密が公になることへの、そしてその人気がいずれは廃れていくことを自覚しているりりこが自ら奏でた終焉へのカウントダウンでもあります。

売れっ子のりりこはマネージャーの羽田をはじめ、周囲に傍若無人でわがままな態度を取って自我を保っていましたが、社長の指示で映画のプロデューサーと寝るなど、その人気を保つために影ながら努力もしています。

しかしついに整形の後遺症が額に黒い痣となってついに目に見える形で現れ、りりこは動揺します。

 

りりこが行った整形は半永久的にメンテナンスを要するもので、これまでにも幾度となく整形を繰り返してきました。りりこは再手術を受けるために訪れたクリニックで全身に黒い痣が出た女性が窓口で暴れているのを見て、自分もいずれああなるのかと思い愕然とします。

絶対的な美貌が手に入る反面、維持に高額な費用がかかるため、治療費が払えず痣を消すことも出来ない患者たちの自殺が何件も起き、検事の麻田は告発の最後の切り札として有名人であるりりこの証言が必要だと考えていました。

その頃りりこの事務所に新人モデルのこずえがやってきます。こずえは生まれながらの美少女でした。そんなこずえに社長の関心も世間の人気も奪われていくりりこの精神は限界に達し、薬物に溺れるようになります。

 

整形を繰り返してもついに痣は消えなくなり、錯乱状態に陥ることが多くなったりりこ。麻田は水族館でりりこに会い、彼女の置かれた状況や心情を察した上で、法廷で証言するように頼みます。麻田は資料をりりこに手渡し去っていきますが、その中にはりりこの過去に関する重大な情報も記されていました。彼女は元々太めの体形が売りの風俗嬢、そのデータも資料としてばっちり残っているのです。改めて自分の過去と対峙したりりこの破滅衝動はより大きなものになります。

りりこからこずえの顔を切り刻むように依頼された羽田でしたが、こずえは刃物を向けられても一切動じず、自分がいなくなってもすぐに次が出てくるだけだというような発言をします。こずえはりりこも自分もただ消費されるだけの存在であると自覚しているのです。そんなこずえに羽田は何もすることができませんでした。

 

幻覚まで見るようになったりりこは番組収録中に倒れます。

静養を指示されたりりこですが、芸能人にとって忘れられるのは死んだも同然のこと。羽田が整形の件をマスコミにリークし、りりこは人気絶頂期のように時の人となります。

痣を隠すメイクを全身に施し、記者の前に立ったりりこは、自らの眼にナイフを突き立てそのまま倒れて行きます。それは彼女が最後に見せた最も衝撃的で最も美しい幕引きでした。

 

それからしばらくたち、巷ではりりこは都市伝説のような扱いを受けています。

りりこは失踪していますが、クリニックの事件は裁判はまだ始まったばかり。次々と流行が生まれては消える渋谷の街で、麻田はりりこに想いを馳せます。

そのころ、こずえは撮影で遠い異国の街を訪れていました。その打ち上げ会場で、羽田らしき女性を見たこずえはその姿を追って店の奥へと入り込みます。そこには眼帯をつけたりりこが妖しく君臨していました。

 

映画『ヘルタースケルター』の感想と評価

沢尻エリカさんの体当たりの演技が話題を呼んだこの作品。

蜷川実花監督の優れた色彩感覚が全編に及んだ、耽美でかつポップな仕上がりになっており、いつ見ても新鮮な感動を持ってみることが出来る映画です!

裏の主人公ともいうべき検事の麻田は気障な台詞回しが特徴的なキャラクターで決して王子様ではないですが、りりこを含め多くの女性のとっての最大の理解者でもあります。大森南朋のニヒルな感じがまたかっこいいんですよね~!!

そこも見どころの一つです。

映画『ヘルタースケルター』の作品情報

以下、公式サイトからの作品情報をご紹介します。

映画公開された時期

2012年全国公開!

岡崎京子さんが描いた伝説的なコミック「さくらん」が、蜷川実花さんを監督に映画化された話題作!

人気女優・沢尻エリカさんが体当たりで主役のりりこを演じきったことでも注目されました。

主役をささえるキャストには綾野剛、水原希子、桃井かおりという錚々たるメンバーが出演されています。

監督

蜷川実花

愛称は「ニナミカ」。

職業:
日本の女性写真家、映画監督。
2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会理事。

生年月日: 1972年10月18日 (年齢 46歳)
生まれ: 東京都 東久留米市
家族: 谷崎十郎(曾祖父); 蜷川幸雄(父)
事務所: エイベックス・ヴァンガード(業務提携)
書籍: Pink Rose Suite、 アシッド・ブルーム: 蜷川実花写真集

(引用元:Wikipedia

主なキャスト

  • りりこ/ 沢尻エリカ
  • 麻田誠/ 大森南朋
  • 羽田美知子/ 寺島しのぶ
  • 奥村伸一/ 綾野剛
  • 吉川こずえ/ 水原希子
  • 沢鍋錦二/ 新井浩文
  • 保須田久美/ 鈴木杏
  • 塚原慶太/ 寺島進
  • 浜口幹男/ 哀川翔
  • 南部貴男/ 窪塚洋介

映画『ヘルタースケルター』主要スタッフ紹介

  • 監督:蜷川実花
  • 原作:岡崎京子
  • 音楽:上野耕路
  • 脚本:金子ありさ
  • 製作:
    和崎信哉
    豊島雅郎

映画作品の概要

誰が見ても美人でいいオンナ。そんな言葉は芸能界でトップスターとなったモデル・りりこにこそ相応しかった。

でも、見る人を引きつけるりりこの美貌には秘密があった……それは全身整形美人、そうすべてが作り物だったのだ。トップスターとなったりりこは、そんな秘密を誰にも言えずに密かに抱えていた。

人々の羨望の的となり欲望渦巻く世界をひた走るりりこは、やがてある事件を巻き起こし……。

(引用元:映画.com

 

まとめ

映画『ヘルタースケルター』のネタバレを含めた感想・あらすじをご紹介してきましたがいかがだったでしょうか

もし興味がある場合は、U-NEXTであれば見放題で、最初から最後まで高画質でイッキ見できるのでチェックしてみてください!!

ヘルタースケルターの動画はコチラ

-映画
-

Copyright© 映画ネット , 2019 All Rights Reserved.