映画ネット

人気映画やドラマのあらすじやキャストをご紹介!

洋画

映画ララランドのあらすじ!結末はなぜなのかを含め感想紹介

更新日:

2016年に放映されたアメリカ映画『ラ・ラ・ランド』。

ピュアなラブストーリーを軽快な音楽とダンスで彩るミュージカル映画です。映画館では残念ながら見れなかったので、U-NEXTでチェックしてみました。

 

それでは以下、ネタバレを含めたあらすじなどをご紹介していきますのでご注意ください。

映画『ラ・ラ・ランド』のあらすじ・ネタバレ

誰もが夢を追い求め訪れる場所、ロサンゼルス。本作の主人公たちも、いつか夢が叶うと信じてロサンゼルスで暮らしています。

 

女優になるという夢を追うミア・ドーランと、ジャズ・ピアニストであり自分の店を持つという夢を持ったセブことセバスチャン・ワイルダー。2人が出会い、恋に落ち、それぞれの夢を追いながら過ごす日々を送る……。

 

プロローグは、朝のロサンゼルスから始まる。

いつもどおりハイウェイは大渋滞。クラクションの音が鳴り響き、カーラジオからは音楽が流れている。

映画ララランド 踊ろ出す人々

音楽に合わせて口ずさんでいた女性ドライバー。車から飛び出して踊り出すと、次々に人々が飛び出してきて一緒に歌い、踊り出す。

曲は「Another Day of Sun」。新しい日が始まるという高揚感あふれる音楽が渋滞のウンザリした空気を飲み込んでいく。

 

曲が終わり、ドライバーたちが車に戻った瞬間、タイトルが現れて物語が幕を開く。

季節は冬。渋滞の車中、ミアはオーディションの練習をしていた。台本を確認しながら練習を繰り返すミア。

 

そんなミアの後続の車にはセブが乗っていて、なかなか前へ進まないミアに苛立ち、クラクションを鳴らす。気づかないミアに怒ったセブは、追い越しざまにミアをにらみつけ、ミアは中指を立てて返した。

 

ミアは女優になるという夢を抱き、ワーナー・ブラザースの撮影所のカフェでバリスタとして働いている。店には有名女優も訪れ、自分も必ず…と願うミアだが、今はまだオーディションに明け暮れる日々だった。

その日もオーディションへ行ったものの結果は惨敗で、ルームメイトに連れられて行ったパーティーも退屈で仕方がない。帰りに車をレッカー移動されてしまい、散々な思いで歩いていたミアだったが、通りかかったバーから流れる音楽に心を奪われる。吸い込まれるように店内へ入ると、そこには物憂げにピアノを弾くセブがいた。

 

セブはジャズ・ピアニストであり、古き良き時代のジャズが廃れていく現状を嘆いていたのだった。本物のジャズがプレイ出来る自分の店を持とうと願うもののなかなか稼げず、弾きたくもない曲を仕事のためと割り切って弾いていたセブ。ついフリージャズを弾いてしまい、お店からはクビを言い渡される。

映画ララランド あらすじ

ミアは演奏に感動したと伝えようとしたが、どうしようもない気分のセブはミアを突き飛ばしてお店を去ってしまう。

そして季節は春。ミアは参加したパーティーで、ダサい格好でバンド演奏をしていたセブを発見。

 

なにかとお互いに印象の悪い2人だったが、ミアはパーティーから抜け出すためセブに声をかけて、一緒に出ることになった。

マジックアワーの丘の上でダンスをする2人。息もピッタリで楽しく過ごすのだが、ミアのボーイフレンドからの電話で現実へ戻ることに。

 

そしてある日ミアのバイト先にセブがやってきた。セブはジャスが好きじゃないというミアに本物を聴かせてあげようとジャズ・バーへ連れて行き、ジャズの楽しみ方を教える。話が弾んだ2人は、ミアの演技の勉強のためにと映画へ行く約束をして別れる。

 

しかし約束の日はボーイフレンドたちとの食事の先約が入っていた。仕方なく出かけるミアだったが、レストランのBGMでセブの弾いていた曲が流れるといてもたってもいられなくなり、飛び出していって映画館へ駆けつける。再会した映画館では古い映画のフィルムが途中で焼けてしまい、ミアの提案で天文台へ行くことに。

 

映画に出てきた天文台で2人はダンスをし、キスを交わして互いへの思いを確認することができた。

 

夏になり、2人は一緒に暮らすようになった。ミアは脚本を書き、初の一人芝居の準備をしたり、セブの将来のお店のロゴを考えたりと、楽しく過ごしていた。いつものジャズ・バーで、セブはキースに出会い、キースのバンドに誘われる。

 

キースのバンドはジャズを聴く人を増やすことを目的とした流行りもの。セブの愛する古き良きジャズとは正反対の位置にあるのだ。

しかし未だお金も貯められず、ミアとの暮らしを考えバンドに参加することを選ぶセブ。バンドはブレイクを果たし、ツアーに出るためセブとミアの生活はすれ違うようになってしまった。

季節は秋に変わる。ある日セブはサプライズで帰宅していて、ディナーを用意していた。久しぶりの時間を楽しむ2人だったが、セブのバンドの話から大ゲンカに発展。

ミアは部屋を飛び出してしまい、メインディッシュは丸焦げになってしまう。

 

迎えたミアの舞台当日。セブは必ず行くと約束していたが、バンドの撮影を言い渡されて行けなくなってしまう。ミアは予約席にセブがいないこと、空席ばかりだったことにショックを受け、更に舞台後の悪評を聞いてしまって、心折れる。

撮影後急いでやってきたセブだったが、ミアはそのまま故郷のネバダへ帰ると言い残し去っていってしまった。

 

数日後、セブはミアの舞台をみた映画関係者から電話を受ける。ぜひミアにオーディションを受けてほしいというのだ。

セブはミアの話を元に実家を探し出し、必死に説得してミアを連れて戻る。ミアはオーディションでありのままの自分の思いを歌にする。
全てをさらけ出したミアに、必ずうまくいくと励ますセブ。

 

2人はお互いの夢を見つめ直すため、「いつまでも愛している」と言い合って別れる。

 

5年後、再び冬が訪れたロサンゼルス。ミアは売れっ子の女優になっていて、結婚して子供ももうけていた。

夫と一緒に出かけ、フラリと立ち寄ったジャズ・バー。そこにはミアのデザインしたロゴが掲げてあり、舞台にはセブの姿が。セブも自身の夢を叶えてジャズ・バーを成功させていたのだった。客席にミアの姿を見つけたセブは、ミアと出会った日の曲を弾き始める。

 

もしも出会った時からやり直せたなら…曲中ではもしもの2人の将来が描かれるが、それは曲が終わると消えてしまう儚いものだった。

視線を交わし店を出るミアと、そっと微笑んで見送るセブ。2人の恋は幕を閉じた。

映画『ラ・ラ・ランド』のおすすめポイントと評価

アカデミー賞6部門受賞と大好評だった本作。

ララランド ラスト なぜ

ロマンチックな大人のラブストーリー、そして最大のメインはやはり伝統的でありながら新鮮なミュージカル映画であると言うところです。本物の高速道路で撮影された華々しいプロローグからぐいぐいと引き込まれてしまいました。

 

主演のエマ・ストーン、ライアン・ゴズリングの妥協のない歌とダンス、そしてピアノの演奏シーンも素晴らしく、圧巻の一言!色彩の美しさや多くの映画へのオマージュシーンなど、見所もたくさんあって何度も楽しめます。

どんな人でも楽しめて、つい口ずさんでしまいそうな音楽の魅力いっぱいの映画です!

 

夢を追う2人が最後分かれてしまい別々の道を歩んでしまって、結局結ばれないことに対しては賛否が分かれてしまっています。

私個人としては、若き2人が共に切磋琢磨して頑張って結果、分かれてしまうというのは、よくあることだし別に良いのではないかな?!と正直思ってしまいました。

 

ただ、ラストに2人が別れなかった場合のシーンが映し出されたのは、少々ベタ過ぎて・・・監督やりたいことは分かるけど、それはいらないのではないかな?!と正直思いました。

ラスト以外の部分は、映像描写もよく楽しめたので良かったのですが、あとくちが少々悪かったですね。

映画『ラ・ラ・ランド』の作品情報

以下、公式サイトからの作品情報をご紹介します。

映画公開された時期

2016年全国公開されたアメリカ映画!

アカデミー賞6冠達成した本作を製作をしたのは、映画「セッション」も制作された若き監督デイミアン・チャゼルさん。

高速道路を舞台に人々が次々と踊り出すシーンは、見るものを魅了する圧巻のステージ、必見のシーンの1つです。

監督

デイミアン・チャゼル

生年月日: 1985年1月19日 (年齢 33歳)
生まれ: アメリカ合衆国 ロードアイランド州 プロビデンス

受賞歴: アカデミー監督賞、 ゴールデングローブ賞 映画部門 脚本賞、 さらに表示

主な作品:
「セッション」(2014年)
「グランドピアノ~狙われた黒鍵~」(2013年)

(引用元:Wikipedia

主なキャスト

  • セバスチャン / ライアン・ゴズリング
  • ミア / エマ・ストーン
  • キース / ジョン・レジェンド
  • ローラ / ローズマリー・デウィット
  • ケイトリン / ソノヤ・ミズノ
  • ビル / J・K・シモンズ
  • グレッグ / フィン・ウィットロック
  • ジェシカ・ロース
  • キャリー・ヘルナンデス
  • トム・エヴェレット・スコット

映画『ラ・ラ・ランド』主要スタッフ紹介

  • 監督:デイミアン・チャゼル
  • 音楽:ジャスティン・ハーウィッツ
  • 脚本:デイミアン・チャゼル
  • 製作:
    フレッド・バーガー
    ジョーダン・ホロウィッツ
    ゲイリー・ギルバート
    マーク・プラット

映画作品の概要

夢追い人が集まる街・ロサンゼルス。

女優志望のミアは

オーディションに落ちてばかり。

 

ある日彼女は、場末の店でセブというピアニストに出会う。

彼にもまた、いつか自分の店を持つという夢があった。

やがてふたりは恋に落ち、互いの夢を応援し合うが…。

(引用元:U-NEXT

 

まとめ

映画『ラ・ラ・ランド』のネタバレを含めた感想・あらすじをご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

もし実際の映画「ラ・ラ・ランド」の動画を見てみたいと思った場合は、U-NEXTで最初から最後まで高画質で楽しめますので、ぜひチェックしてみてください。

ラ・ラ・ランドの動画はコチラ

-洋画
-,

Copyright© 映画ネット , 2019 All Rights Reserved.