映画ネット

人気映画やドラマのあらすじやキャストをご紹介!

邦画

マスカレード・ホテルを見てきたのであらすじをネタバレ含めて紹介!

更新日:

2019年新春映画『マスカレード・ホテル』。

人気小説家・東野圭吾さん原作の「マスカレード・ホテル」は、キムタクこと木村拓哉さん、長澤まさみさんをメインにすえて製作された映画です。とあるホテルで繰り広げられる人間模様、そしてミスリードされていますストーリーが必見ですね。

 

それでは以下、ネタバレを含めたあらすじなどをご紹介していきますのでご注意ください。

 

ネタバレ前に木村拓哉さん主演の映画やドラマの動画を見てみたい場合は、FODプレミアムで現在キャンペーン実施中なので沢山の種類の作品を楽しむことができます。

 

↓↓ こちらからキムタク主演作品をチェックしてみてください ↓↓

 

映画『マスカレード・ホテル』のあらすじ・ネタバレ

舞台は、都内のとあるホテル。ホテルCORTESIA TOKYO(コルテシア東京)だった。

ホテルの地下駐車場に次々に乗り付けられる黒塗りの警察車両・・・物々しい雰囲気をまといながら、ホテル総支配人である藤木がホテルに迎え入れたのは、都内で起きている連続殺人事件の捜査指揮をとっている稲垣たちだった。

 

都内では最近連続して、全く関連のない男女の他殺体が3つ見つかっていた。

殺害方法はすべて異なっていて、被害者に関連性はないものの・・・1つの共通点があった。

それが遺体におかれた紙に書かれた2つの数字だった。紙に書かれた数字から、それぞれ事件発生日の月と日の数字を差し引くと、次の事件発生場所を指し示していることに気づいた刑事・新田浩介。

彼は3つ目の事件の遺体におかれた数字が指し示す場所、第4の事件が発生する場所がホテルCORTESIA TOKYO(コルテシア東京)であることを突き止める。

 

新田の推理に基づき、ホテルの地下からスタッフルームの1室に集められた刑事たちは、稲垣から各自がホテルのそれぞれのスタッフに扮して潜入捜査をすることを言い渡される。

そして、それぞれの警察メンバーがホテルに溶け込めるように、ホテルから各自、教育係をつけられる。

 

マスカレード・ホテル あらすじ ネタバレ

稲垣から新田に言い渡された潜入捜査先は、ホテルのフロント係。そして、新田の教育係は、敏腕のホテルマンである山岸尚美だった。

山岸は最初は、ホテルの質を落とすから刑事にホテルマンをさせることを嫌がっていたが、上司からの直属の命令を受けて仕方なしに引き受けることに。

無精ひげに長めの髪だった新田に、山岸が最初に言い渡したのは髪を切って整髪することだった。「嘘でしょ?!」と言いつつ山岸の圧に負けた新田はスタッフルームの一室で経営されている床屋で髪を切る。

 

今までの姿が嘘のようにThe・ホテルマンの出で立ちになった新田に、他の刑事からは「似合っているぞ!」と半笑いで称賛される。

見た目はホテルマンになったものの、人を疑うことが仕事である刑事の新田は、利用客からの要望に何かと突っかかろうとするが、山岸よりホテルでは

・お客様がいうことがルール
・ホテルマンはソレに従うこと

が必要であると言われてしまう。

 

納得がいかないまま、山岸と一緒に仕事をしていく新田だったが、共にお客様の要望に対応したりしているうちに、山岸の言うことが少しずつ理解できるようになっていくのだった。

 

ある日、ホテルCORTESIA TOKYO(コルテシア東京)に、目の不自由な老婆が宿泊しにくる。

視覚に障害があるお客に精一杯のホテルとしてのサポートを約束する山岸だったが、新田は老婆の出で立ちに違和感を感じていた。

視覚障害がある人にとって、視覚以外の嗅覚・触覚などの感覚は非常に大切なもの。にも関わらず老婆は、白杖を持っているものの常に手には手袋をしていた。

このことから新田は、老婆が目が見えていることに最初から気づきます。

 

そのことを山岸に伝えますが、山岸は聞き入れません。

そんな山岸は、目が見えないことから様々な老婆に部屋に呼びつけられます。老婆の要望に最初は対応していた山岸ですが、服のボタンが外す際に飛んでいったので探して欲しいと言われて探していると、一度は探したはずの老婆の前にボタンが落ちていたり、

ホテル内のレストランで料理を食べたいという老婆を連れて行くと、スタッフにオススメ料理を聞き、そのまま注文しつつも鏡越しに山岸を見ているような素振りをする老婆に少しずつ違和感を感じていきます。

 

違和感を感じたまま老婆が翌日チェックアウトをする際、「実は私は目が見えるの。ただ、目が見えない主人がこのホテルに泊まる予定があるから、ちゃんと対応してくれるか知りたかった」という老婆の言葉により、感じた違和感が解消されていった山岸と新田。

最後は2人して老婆を見送り、「いってらっしゃいませ」と送り出すのだった。

マスカレード・ホテル あらすじ 新田刑事

老婆を送り出した後も、次々と無理難題を課せられたりする新田は対応に苦戦しつつも、1つずつ課題をクリアしていきます。

連続殺人事件はどこにいった?!と言いたいくらいホテルのお客様対応、人間模様を描いた場面が続いていきます。

その中でお互い胸に秘めていた秘密をそれぞれ言い合ったりして、少しずつ心を通わせる新田と山岸。

 

ホテルCORTESIA TOKYO(コルテシア東京)で結婚式を控えていた花嫁宛に、プレゼントがホテルに届き山岸はなんの疑問もなく渡そうとしますが、包装はデパートのものなのに宅配の伝票がデパートのものでないのに違和感を感じた新田が、花嫁に渡す手間で止める。

警察で調べてみると、赤ワインが入っていたが、そのワインのコルクに注射器で刺された穴が見つかる。

花嫁を毒殺しようとしたのではないか?!という可能性が浮上!翌日に結婚式を控えていた花嫁の警護を警察が行うことが決定!

 

翌日、ホテルではスタッフ、潜入捜査の警察の神経が張り詰めていた。

連続殺人事件の犯人の狙いが、花嫁である可能性があるが犯人が誰か分からないためだった。

そこへ女装をして、大きな花飾りのついたハットを被りサングラス姿の男が花嫁の行く手を遮る。花嫁を狙った犯人と思われた男は、数名の警察官に取り押さえられるが・・・・。

男は犯人ではなく、犯人と思われる人物から殺害現場に残されたモノと同じような”2つの数字”が書かれた紙切れを花嫁に渡しにきたメッセンジャーだったのだ。

 

新田もメッセンジャーが犯人と思い、男を取り押さえるのに加勢していたため、その間に山岸の姿を見失っていた。

そこへ連続殺人事件の解明のため、名古屋に向かっていた能勢から、とある劇団の写真を受け取る新田。その写真を見て、今回の連続殺人事件を企てた犯人が誰であるかが分かり、山岸を探す新田。

しかし、山岸の姿が見つからない。山岸と同じフロント係に居所を聞くと先日の老婆を部屋に連れて行ったことを知る。

 

山岸は老婆の旦那様との宿泊を特別なものにするために、部屋を5つ抑えていた。

どこの部屋に行ったかは山岸しか知らない。そこで全ての部屋を確認しに向かう新田。違う階、違う場所にある部屋部屋を次々にチェックするも、全てがハズレ・・・5つチェックし終わって

最後の部屋にも山岸の姿がなかったため、部屋を出ていく新田。最後の部屋にある文鎮の位置はわずかに傾いていた。

 

実は、最後に新田がチェックした部屋で山岸は、老婆にふんした女に拘束されて殺害されそうになっていたのだった。

老婆にふんした女、彼女は実は、名古屋の劇団員で、そこで知り合った若い男性Aと恋をして関係をもって妊娠した経緯のある女性だった。

1年前に女性は、自分の妊娠を知って劇団員の若い男性Aを探しにホテルCORTESIA TOKYO(コルテシア東京)に来ていたのだった。

 

でも、当時ホテル側は劇団員の若い男性Aより、自分を訪ねてきた人がいたらいないと言ってくれと言われていた。

男性Aを訪ねてきた老婆にふんした女の対応を当時行ったのが、プロントマンの山岸だった。

 

山岸は彼女に対して、

男性Aはいない

男性Aはホテルの予約をしていたがキャンセルした

そして彼女を泊める部屋はない

と伝えてホテルCORTESIA TOKYO(コルテシア東京)を追い出していた。

 

そのコトが原因で、男性Aとの子供を流産した女性は、山岸と男性Aを恨み。

連続殺人事件に見せかけて男性Aを殺害し、山岸もホテルの中で殺害しようとしていたのだった。

危うくクビに筋弛緩剤を打たれて殺されそうになる山岸だったが、そこへ新田が駆けつけて女を拘束。

すんでのところで山岸は一命を取り留めたのだった。

 

実は新田は最後チェックした際に、ホテルの文鎮が傾いていることに違和感を感じ部屋に引き返してきていたのだった。

老婆にふんした女性が全てを自供し、都内で起きた連続殺人事件は無事解決。刑事である新田は、ホテルCORTESIA TOKYO(コルテシア東京)から引き上げるのだった。

映画『マスカレード・ホテル』の作品情報

以下、公式サイトからの作品情報をご紹介します。

映画公開された時期

2019年1月公開の日本映画。人気小説を原作に製作された「マスカレード・ホテル」。

都内で連続殺人と思われる事件が3つ発生していた。それぞれの事件の絞殺方法違うモノの1つの共通点が。

それが遺体におかれた”2つの数字”が書かれた紙だった。紙の数字それぞれから事件の月と日の数字を引くと次の事件の発生場所をしめす緯度と経度になることをつかんだ警察がたどり着いた場所・・・そこは日常を忘れ仮面をかぶったお客が集う「マスカレード・ホテル」だった。

主なキャスト

  • 新田浩介:木村拓哉
  • 山岸尚美:長澤まさみ
  • 能勢:小日向文世
  • 本宮:梶原善
  • 関根:泉澤祐希
  • 久我:東根作寿英
  • 川本:石川恋
  • 田倉:鶴見辰吾
  • 尾崎:篠井英介
  • 藤木:石橋凌
  • 稲垣:渡部篤郎

映画『マスカレード・ホテル』主要スタッフ紹介

  • 原作:東野圭吾
  • 監督:鈴木雅之
  • 脚本:岡田道尚
  • 音楽:佐藤直紀

映画作品の概要

東野圭吾のベストセラー小説「マスカレード」シリーズの第1作「マスカレード・ホテル」を映画化。

木村拓哉が初の刑事役に挑んだミステリードラマ。

都内で3件の殺人事件が発生した。現場にはいずれも不可解な数字の羅列が残されていたことから、連続殺人事件として捜査が開始される。警視庁捜査一課のエリート刑事・新田浩介は、その数字が次の犯行場所を予告していること、そしてホテル・コルテシア東京が4件目の犯行場所になることを突き止める。

犯人を見つけるためホテルのフロントクラークに成りすまして潜入捜査に乗り出した新田は、教育係である優秀なフロントクラーク・山岸尚美と衝突を繰り返しながら、事件の真相に近づいていく。

ヒロインとなるホテルマンの尚美役に長澤まさみ。「HERO」シリーズの鈴木雅之がメガホンをとり、「ライアーゲーム」シリーズの岡田道尚が脚本を担当。

(引用元:映画.com

 

まとめ

映画『マスカレード・ホテル』のネタバレを含めた感想・あらすじをご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

まだまだ、説明したりない部分が沢山あるので、気になる方は是非、映画館でチェックしてみてください^^

 

関連記事:映画マスカレード・ホテルのロケ地を推測!おしゃれホテルはどこ

-邦画

Copyright© 映画ネット , 2019 All Rights Reserved.