映画ネット

人気映画やドラマのあらすじやキャストをご紹介!

邦画

『億男』ネタバレ感想と評価。極限の状態でお金はどんな意味を持つ?

更新日:

2018年10月19日に全国放映開始された映画『億男』。

賛否が分かれている作品ですが、現在「映画.com」調べで第8位に輝いています。先週末に時間ができて映画館で観てきたのでネタバレ込で感想と評価をしてみたいと思います。

 

それでは以下、ネタバレを含めたあらすじなどをご紹介していきますのでご注意ください。

映画『億男』のあらすじ・ネタバレ

映画 億男 ネタバレ 考察

映画のオープニングは、お金持ちたち、そしてお金に群がる人たちが集まっているパーティシーンから始まります。

パーティの中心にいるのは、大学中退してベンチャー企業を立ち上げ、その売却益で総資産100億円ほどもっていると言われる九十九。

そして、大学時代、落研で九十九(高橋一生)と共に多くの時間を過ごし、親友といっていいほど仲の良い一男(佐藤健)だった。

 

 

パーティでは美女たちに囲まれ、強制的にラインを交換させられる一男。周りの人間に崇められつつピンヒールの靴をグラス代わりにしてシャンパンを九十九と共に飲んだり、百万近いお金を紙吹雪のように周りにまき散らす”らんちき騒ぎ”。

今までの一男の生活では考えられない世界に、彼はのめり込み、酒に飲まれいつしか記憶を失い・・・誰もいない荒れ果てた部屋に一人残されるのだった。

翌日、一男が目を覚ますと・・・周りには誰もおらず。数日前に町内のくじ引きでもらった宝くじが、奇跡的に大当たりして手にした3億円も親友の九十九と共になくなっていた。

 

 

宝くじに当たる前まで疾走した兄の借金を肩代わりしたことで背負った3,000万円を返すため、司書の仕事と並行して深夜のバイトを朝までして、なんとか生活していた一男。

奇跡的に高額当選した宝くじで、借金からも自由になれる・・・そう思っていた彼にとって3億円がなくなったことに焦りを感じる。

 

3億円の行方を探すべく、持ち出したと思われる九十九の居場所を追う。

あきら(池田エライザ)の助けもあって、かつて九十九と共にベンチャー企業で働いていた面々・・・競馬好きな百瀬(北村一輝)、マネーセミナーを開催する千住(藤原竜也)、10億円を隠し持つ専業主婦の十和子(沢尻エリカ)に次々会うことができた。

彼らに九十九の居場所を聞くも知っている人はいない。でも、彼らと話していく内に九十九が体験した”お金が人を変える”事実を一男は学んでいく。

 

九十九を探しつつ、娘の発表会に参加する一男だったが、その中で妻から「(借金があなたを)変えた」と言われる。

借金を背負って精一杯、家族のため・・・と考えているつもりだった一男は、自分がいかに自分がお金に支配されて家族を傷つけていたかを知る。

 

ある日、電車に乗って日常を過ごしている時、九十九が3億円の入ったカバンと共に電車に乗り込み、一男の隣の席に座るのだった。。

「あの日から一グラムも減っていないよ」

「お金を重くするのも、軽くするのも人間なんだよ」

と、意味深な言葉を残して一男は次の駅で降りていくのだった。

映画『億男』の感想と評価

人間が誰しも生活するうえで欠かせない『お金』

ただ、『お金』の話をすると下世話な感じがするため、日本人は普段の会話では避けたがる話題ですが、今回の映画『億男』はそのタブーに切り込んでいった感じの作品になっています。

 

人生を幸せにするには、何が最優先か決める必要がある。

お金を良いものにするか、悪いものにするかは持ち主次第

という格言めいたものを伝えたいのかな?!とも感じましたが、本作で出てくる面々がもっている総資産、何億円という金額が想像できない私からしたら少々、学びの少ない作品だった感がいなめません。

 

ただ、純粋に映像作品としては、本作は大友啓史さんが監督をされていることもあり、非常にスピード感がありつつカメラワークで飽きさせない工夫がされている映画だったので楽しい作品と評価できるかと思います。

まとめ

映画『億男』のネタバレを含めた感想・あらすじをご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

 

個人的にはスケール感が大きい作品だったため、監督や作者が伝えたいことが今ひとつピンとこない作品だったのですが、自分が「億男」の高みに登れたらまた違った感想になるのかな?!とふと感じました。

映画館で見るかどうかの参考になれば嬉しいですね。

-邦画

Copyright© 映画ネット , 2018 All Rights Reserved.