映画ネット

人気映画やドラマのあらすじやキャストをご紹介!

洋画

ザ・ギフト【映画】のネタバレ・あらすじ紹介!衝撃のラスト

更新日:

2012年に放映されたアメリカ映画『ザ・ギフト』。

エリートの出世頭でもあるサイモンは、昇進をかけて実家近くに新居を構えて妻と一緒に引っ越してくる・・・。

ふるさとでたまたまクラスメイト・ゴード出会ったはずだった・・・でも、そこから全てが始まる。

 

それでは以下、ネタバレを含めたあらすじなどをご紹介していきますのでご注意ください。

映画『ザ・ギフト』のあらすじ・ネタバレ

サイモンとロビンの夫婦2人は、

ロビンがシカゴでしていたデザイン会社を畳んでまで、

夫の仕事の成功のため、サイモンの実家であるロスの郊外に引っ越してくる。

 

場面は、2人で新居候補の家を見て回るシーンからカットイン!

 

見て回った中で、2人が決めたのは

見晴らしが良く、家全体がガラス張りの少しリッチな家。

玄関横には、魚をかうことのできるイケスのスペースもある。

 

仕事での成功を夢見て、

妻との新しい生活に期待を抱いていたサイモン。

ここで2人で新しい家庭を築こうとしていた…。

 

 

引っ越しに際して、

家の家具やカーペットを雑貨屋で買い物していると・・・

そこにサイモンの高校時代のクラスメイト、ゴードが現れる。

 

ザ・ギフト 映画 ネタバレ

 

ゴードは見た目がすっかり代わっていたため、

最初は誰か分からなかったサイモンだが、

成功者の貫禄か、また連絡するよ!と言いつつ・・・

ゴードの連絡先を聞くのだった。

 

 

サイモン自身の連絡先はゴードには伝えていなかった。

だが、翌日、サイモンたちの家の前に

リボンが巻いてあるワインボトルとメッセージが置かれていた。

 

プレゼントの主は、昨日あったゴード。

家の住所をどうやって調べたんだと怪訝に思いつつも、

プレゼントを受け取る2人。

 

それからサイモンが仕事中に、

ロビンが1人のスキを狙ってかゴードが

頻繁にたずねてくるようになる。

 

 

3人一緒にサイモンの家で料理を振る舞った翌日には、

またプレゼントが・・・魚のエサ。

そして、玄関横の魚を飼うスペースには水が入れられて・・・

鯉が数匹泳いでいた。

 

だんだん気味悪く感じてくる2人。

もう2度と、家を訪ねてくるな!と

言いたいと思っていたサイモンの元に

今度は、ゴードの家での食事会に招待される。

 

指定された場所に向かうと・・・

そこはサイモンの家が比にならないくらいの

大豪邸!

 

食事会にはサイモン夫婦と、

もう1組の夫婦が来る予定だったが、

都合が悪くなって来られなくなったというゴード。

 

話の中で、ゴードが自分が独身だ。。。

などというが、

 

ゴードが用事で家を離れたスキに

サイモンたちが豪邸の中を探索すると、

女物の服が・・・。

 

そこへゴードが車で戻ってきたため、

あわてて階下へ戻るサイモンとロビン。

 

戻ってきたロビンは、

2人に嘘をついていたと・・・

さっきとは真逆のことを話し始める。

 

実は結婚していた。

妻は最近、子ども2人を連れて出ていったっと。

 

その後に

「さぁ、食事にしよう」というゴードに対してサイモンが

当初の目的「家に二度とくるな!」という言葉を伝えるため

ロビンには車で待っているようにいう。

 

ロビンが隠れて一部を聞いていると・・・

パワハラ上司よろしく、サイモンが

「黙って俺の話を聞け!おまえは話すな!」と

前置きをして辛辣な言葉をなげかけ始める。

 

ロビンが隠れているのに気づいたサイモンは、

車へいうように言ったので・・・聞いたのは一部だけだったが、

サイモンの言葉に衝撃を受けたような顔をして

窓から外を見るゴード。

 

サイモンは、これで全てが解決した!と

思っていたが・・・。

 

ある日、ロビンが日課のランニングから帰ると

ゴードから送られた鯉が毒か何かを入れられたのか、

全部死んでいたのだった。

そして愛犬も姿を消していた。

ザ・ギフト ショックを受けるロビン

それにショックを受けたロビンは、

すぐにサイモンに連絡をとる・・・。

 

家に帰ってきたサイモンは

怒ってゴードの家に車で向かいます。

ゴードの家についてベルを押すと出てきたのは

全く見知らぬ夫婦。

 

警察を呼んで状況を確認してもらったところ、

その夫婦は、ゴードが運転手として働いていた富豪。

夫婦が海外旅行に行っているスキに、

屋敷を使いサイモンたちを招いたことが判明する。

 

ただ、犬誘拐の証拠がないため

ゴードを捕まえることはできない。

できるのは、「あなたが犬を誘拐しましたか?」というだけだと

警察に言われ沈黙する2人。

 

翌日からロビンが愛犬捜索のビラを作って配る。

愛犬は数日後、無事な姿で戻ってきたが、

 

ゴードへの恐怖心がまし、

ロビンは常に、誰かが家にいるのではないか?と

疑心暗鬼になる。

 

愛犬が戻ってきた後、

ゴードから届いた手紙には「過去を水に流そう」と

追追伸が書かれていた。その言葉に引っかかるロビン。

 

気に病み始め、しまいには気を失ってしまいます。

そのことをサイモンに伝えるが、

気にしすぎだ・・・2人の将来を考えようと子作りを始めます。

 

その後、妊娠するロビン。

喜ぶ2人でしたが・・・

 

どうしてもゴードからの手紙が気になるロビンは、

サイモンの書斎のカギが掛かった引き出しを開けて

色々と調べ始めます。

 

 

調べていくうちに、

実はサイモンとゴードの間には

因縁とも言える過去があることが判明する。

 

高校時代、サイモンがいじめっ子だった頃、

いじめられっ子だったゴードについて

実際は何もなかったのに車の中で男性から性的虐待を受けていたと

風潮したのだった。

 

サイモンの言葉を信じた友達たちが

そのウワサを信じ広げて、ゴード=ゲイが

事実のように語られるようになる。

 

ゴードは、そのことが原因で

実の父親から火だるまにさせられそうになる、

そして父親はその罪で投獄されるなど・・・

人生が狂ってしまっていた。

 

ザ・ギフト ゴードに脅されるサイモン

この事実をロビンがサイモンに付きつけ、

妻の手前、ゴードに謝罪にいくサイモンだったが、

 

謝罪したにも関わらず、

ゴードに「もう遅いんだ」と意味深なことを言われ

カッときてゴードを殴り、しまいには足蹴にします。

 

 

後日、サイモンは無事昇給することが決まり、

みんなでサイモンの家で祝っていると・・・

石が投げ入れられ、ガラスが割られます。

 

犯人を捕まえようと外に出ていく

サイモンと同僚2人。

そこにサイモンと職を競い合っていた人が出てきて

サイモンに襲いかかります。

 

彼の口からは信じされない事実が語られる。

「サイモンが自分のことについて

有りもしないことをメールで送ったせいで

自分が職を失った」と・・・・。

 

窓が割られていた時に通報していたため、

その場に警察が駆けつけていることを知った

職を奪われた彼は、捕まることだけは避けたいと

サイモンに懇願。サイモンは彼を逃します。

 

サイモンの同僚が、疑心暗鬼な目で

サイモンを見つめていると・・・突然、

ロビンが産気づきます。

 

やがてロビンは、病院で男の子を出産する。

でも、サイモンと一緒に家に帰りたくないという。

 

またサイモンは、同僚からの電話で

サイモンが仕事を失ったことを知ります。

 

妻から帰りたくないと言われ、

職を失ったことに呆然となったサイモンが

家に帰ると、ゴードからの最後のギフトが届いていた。

 

中身は持ち運びできるベビーベット。

そして、中に

サイモンの家の合鍵、

サイモンの家を盗聴した音声
(ゴードの家と思って訪れた家での夫婦の会話も含まれていた)

そして、ゴードが

家に忍び込んで妻を隠し撮りした映像が

収められたDVDが入っていた。

 

DVDの中には、

ロビンが気を失うシーンと、

気を失ったロビンに何かをしようとするマスクをしたゴード。

ゴードはロビンの体に触れて何かをしたような・・・

でも肝心なところで映像が切れてしまう。

 

そうコレこそがゴードが

サイモンにしたかったギフト。「復讐」だったのだ。

 

映像を見たサイモンは、

病院の妻にゴードが何かをするのでは?!と

不安になって病院に駆けつけます。

 

病院につくと、

案の定、ゴードの姿がありました。

エレベーターで降りていくゴードを追いかけますが

姿を見失うサイモン。

 

そこへゴードから電話が・・・

今度はゴードがサイモンに

「黙って聞け!俺が話している間は話すな!」と

前置きをする。

 

電話の中でサイモンが

「子どもは俺(サイモン)の子なのか?!」

とゴードに訪ねると、目の色を見れば分かると意味深なことを言い残します。

 

新生児室にサイモンが行くと、

そこにはロビンに抱きかかえる赤ちゃんの姿。

サイモンは食いいくるように赤ちゃんの目を見ます。

 

カーテンがしめられ

新生児室が見えなくなると崩れ落ちるサイモン。

その様子を見届けて病院をあとにするゴード。

 

映画『ザ・ギフト』のおすすめポイントと評価

映画『ザ・ギフト』のあらすじ・ネタバレをご紹介してきましたが

いかがだったでしょうか?

 

個人的には所々、意図的に気味悪さを出してくるゴードに

惹きつけられてしまい、途中ロビンの夢の中で

シャワーを浴びているロビンが曇りガラスを拭くと

そこにゴードの姿が・・・というシーンでは思わずのけぞってしまいました。

 

ただ、このような

サスペンス・スリラー的な要素だけでなく、

 

普通の成功している人に見えていたサイモンの非道徳な過去、

 

そして、その性格は今も代わっておらず

人を蹴落とすために様々な画策をしているのを見て

これまでもどれだけの人に地獄を見せてきたんだろう、この人は?!と

感じてしまいました。

 

確かに高校生に被害を受けたゴードも

立ち直って自分でやることヤれば成功できたはずなのにしなかった。

それが悪いというサイモンの言葉も真実ですが、

 

サイモン自身も実力ではなくて、

人間心理を色々な方法で巧みに操って成功してきたのだと思うと

それが正解とはとても思えません。

 

たぶんサイモンのような人が職場にいたら

雰囲気でなんとなく感じ取って、距離を起くような気がします。

 

 

サイモンがちゃんと相手を慮れる人だったら、

ザ・ギフトのような事件?は起きなかったのになぁ〜と

久々に考えさせられる作品でした。

 

 

もしザ・ギフトを見るのであれば、

単なるサスペンスとしても楽しめます。

心理描写やロビンの精神的にまいっていくところなんかは

非常に良く出来ている作品ですしね。

 

でも、もっと奥の人と人の間の

コミュニケーションの是非を問う作品という位置づけでも

見てもらうと、感じる部分が代わっていくと思うのでオススメです。

 

映画『ザ・ギフト』の作品情報

以下、公式サイトからの作品情報をご紹介します。

映画公開された時期

2015年放映のアメリカ映画。

夫・サイモンの実家の近くに、彼の仕事の関係で引っ越してきた夫婦。

夫婦は新居を彩る家具などを買い出しにいった先で、サイモンの高校時代のクラスメイト・ゴードと出会う。

そこから次々に家に届けられる贈り物・・・そこから繋がるラストで意味を知った時、あなたは驚愕する。

監督

ジョエル・エドガートン

生年月日: 1974年6月23日 (年齢 44歳)
生まれ: オーストラリア Blacktown

ノミネート: ゴールデングローブ賞 映画部門 主演男優賞(ドラマ)

主な作品:

エクソダス:神と王(2014年)
ラビング 愛という名前のふたり(2016年)
遊星からの物体X ファーストコンタクト(2011年)
レッド・スパロー(2018年)
ディーン、君がいた瞬間(とき)(2015年)
華麗なるギャツビー(2012年)
ブラック・スキャンダル(2015年)

(引用元:Wikipedia

主なキャスト

  • サイモン / ジェイソン・ベイトマン
  • ロビン / レベッカ・ホール
  • ゴード / ジョエル・エドガートン
  • アリソン・トルマン
  • ティム・グリフィン
  • ビジー・フィリップス
  • アダム・ラザール=ホワイト
  • ボー・ナップ
  • ウェンデル・ピアース
  • ミラー・フォークス

映画『ザ・ギフト』主要スタッフ紹介

  • 監督:ジョエル・エドガートン
  • 音楽:
    ダニー・ベンジー
    ソーンダー・ジュリアーンズ
  • 脚本:ジョエル・エドガートン
  • 製作:
    ジェイソン・ブラム
    レベッカ・イェルダム
    ジョエル・エドガートン

映画作品の概要

妻ロビンを連れて帰郷し、

生活を心機一転させたサイモン。

そんななか、高校時代の同級生ゴードと25年ぶりに再会する。

 

だが、

それを機に彼から贈り物が次々と届けられる。

 

ロビンとサイモンのふたりは

ゴードに不気味なものを感じ、

さらに贈り物に隠された恐ろしい秘密を知って愕然とする。

(引用元:U-NEXT

 

まとめ

映画『ザ・ギフト』のネタバレを含めた感想・あらすじをご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

もし実際の映画「ザ・ギフト」の動画を見てみたいと思った場合は、U-NEXTで最初から最後まで高画質で楽しめますので、ぜひチェックしてみてください。

ザ・ギフトの動画はコチラ

-洋画
-

Copyright© 映画ネット , 2019 All Rights Reserved.