映画ネット

人気映画やドラマのあらすじやキャストをご紹介!

ドラマ

トレース科捜研の男【ドラマ】第3話あらすじ・ネタバレ!

投稿日:

2019年にフジテレビ系ではじまったドラマ「トレース~科捜研の男~

 

テレ朝系の沢口靖子さんが主演をつとめている長寿ドラマ「科捜研の女」に、ライバル心を燃やしたようなドラマタイトルが注目を集めたのが本作。

ジャニーズ錦戸亮さんが主演をつとめていることもあってか、開始早々からかなりの人気が集まってきています。

 

今回は、そんな人気ドラマ「トレース~科捜研の男~」の第3話のネタバレを含めたあらすじなどをご紹介していきますのでご注意ください。

ドラマ『トレース~科捜研の男~』第3話のあらすじ・ネタバレ

今回、科捜研に持ち込まれた事件の被害者は、9歳の幼い女の子(高松咲希)。

犯行の手口が10年前と20年前に2度起きた「連続殺人事件」と思われる事件と似通っていた。

 

20年前から殺人事件を捜査して、しつこく犯人を探し続けてきた鶴見茂刑事が情報を求めて科捜研に姿を現す。

鶴見は、虎丸良平の先輩にあたる刑事だった。

トレース ドラマ 3話 あらすじ

鶴見は20年前の事件からずっと、本ボシとめぼしを付けていた犯人がいた。

その男が児童館の職員で、ボランティアの西内智幸だった。

 

ずっと犯人と思わしき西内をマークしていた鶴見が、10年前に20年前と同様に幼い女の子が殺される事件がまた起きてしまった。

しかも、決定的な証拠が出てこなかったため、西内を逮捕できずに鶴見は悔しい想いをしてきていた。

 

長い期間、警察に勤めた鶴見はもう間もなく定年を迎えようとしていた。

そんな時に、今回の9歳の少女が殺される事件が発生!鶴見は焦っていた・・・焦りの理由は、自分が定年を迎える前に、なんとしてでも西内を逮捕したかったからだ。

でも、今回の事件でも思うような西内を示す証拠が出てこない。

 

勢いあまった鶴見は、科捜研に犯行現場に再臨場をかけ、一足先に現場に着いて「前もって手に入れておいた西内のタバコの吸い殻」を犯行現場にわざと落としておいたのだった。犯行現場で吸い殻を見つけた礼二は、科捜研へ検査のため持ち帰る。

タバコからは、鶴見の意図通り・・・西内のDNAが出たため、西内を任意で話を聞く虎丸と鶴見。

でも、西内は犯行現場なんかに自分は行っていないと否認する。

 

礼二は鶴見に踊らされて西内の吸い殻を鑑定したかに見えたが、再臨場で見つかった吸い殻に違和感を感じる。

吸い殻に含まれていたDNA以外のもの、水分を検査すると・・・塩素が検出される。

 

塩素を含む水分=水道水を含んだ吸い殻が、全く水場のない犯行現場で見つかったことを鶴見に突きつける礼二。

「証拠をねつ造しましたね」と問い詰める礼二に、ねつ造を認める鶴見。

その事実を知った虎丸が、「ふざけるな。馬鹿にするのもいい加減にしろ」と鶴見に吠える。

そして、その場で鶴見は虎丸に「証拠ねつ造の罪」で逮捕されてしまう。

 

 

あと少しで定年を迎える鶴見が、証拠をねつ造してまでも逮捕したかった事実について、鶴見のねつ造を謝罪しつつ熱く伝える虎丸。

鶴見が20年前の殺人事件から付けていた手帳を礼二に渡しながら、気持ちを察してやってくれ。

なんとか逮捕したかったんだ・・・と訴える。

 

虎丸より渡された鶴見の手帳を読む礼二。

手帳の中に書かれていた、昔の殺害現場と思われる場所で、殺された女の子と連れ立って歩く男を移したビデオ。

当時は画質が悪くて、顔も見えない・・・という理由で証拠として使えなかったが、科学捜査の技術がアップした現代。

ビデオに写っていた女の子と連れ立って歩く男のジーンズを拡大。

 

礼二が拡大したジーンズの特徴を、西内の家から押収した際に証拠写真として収められた数点のジーンズと比較し始める。

ほとんどの西内のジーンズは一致しなかったが・・・とある一本のジーンズだけ98%以上の一致の数値がパソコンの画面に表示される。

その事実を元に、西内の逮捕状を取り虎丸たちは、西内逮捕に向かう。

 

途中、逃亡を図った西内だったが大勢の刑事に囲まれ、最後には捕まってしまう。

証拠を突きつけられると、今までが嘘のように、あっさりと20年前と10年前の罪を認める西内。

クロスオーバーする鶴見さんに”あんどの表情”が浮かぶ。

トレース ドラマ 3話 悲しい結末

過去の罪を認めたが、今回の事件だけはかたくなに認めない西内。

そこで再度、9歳の少女が来ていた服の状況から、衣類を再鑑定すると・・・20kgあまりの少女を引きずった人物が衣類に残していた血痕が発見される。

血痕の持ち主は、9歳の少女の同級生、三島唯(稲垣来泉)のものだった。

 

 

血痕が見つかった事実を突きつけられると・・・唯ちゃんが事実を話しだした。

その事実とは・・・暗くなっても帰らない少女を置いて唯ちゃんが帰ろうとすると、両親の喧嘩をやめさせて仲直りさせる方法を思いついたという少女。

思いついた方法とは、少女自身が自殺をしたフリをするというものだった。

 

実際に両親に見せる前に試して見るから見ていてと、ロープを結び。

輪っかを自分の首に、反対の先を近くの木の枝に結びつける少女。

途中までは自殺のフリが上手くいっていたのだが、重さに耐えきれず枝が折れてしまいロープが少女の首にキツくしまってしまう。

 

唯ちゃんは少女を助けようと、ロープをほどこうとするが、なかなかほどけない。

ロープをほどこうとしているうちに唯ちゃん自身の手がケガをしてしまい血が出てくるが、構わずほどくことを続ける。

最終的にロープはほどけたものの、その時には少女は既に死んでしまっていた。

 

唯ちゃんは少女の死体を隠そうと、小さいカラダで20kgあまりの少女を抱えて引きずっていたのだった。

 

事実を虎丸から聞いた両親は、涙するのだった。

ドラマ『トレース~科捜研の男~』の作品情報

以下、公式サイトからの作品情報をご紹介します。

ドラマ公開された時期

2019年の新春ドラマ「トレース~科捜研の男~」

人気コミックを原作につくられた本作は、科捜研と捜査一課の刑事のやり取りがコミカルな刑事モノのドラマです。

主なキャスト

  • 真野礼二 / 錦戸 亮

     

  • 沢口ノンナ / 新木優子

     

  • 虎丸良平 / 船越英一郎

     

  • 海塚律子 / 小雪
  • 相楽一臣 / 山崎樹範
  • 水沢英里 / 岡崎紗絵
  • 猪瀬祐人 / 矢本悠馬
  • 沖田 徹 / 加藤虎ノ介
  • 沢口カンナ / 山谷花純
  • 市原 浩 / 遠山俊也
  • 江波清志 / 篠井英介
  • 壇 浩輝 / 千原ジュニア

ドラマ『トレース~科捜研の男~』主要スタッフ紹介

ドラマ作品の概要

科捜研の真野礼二(錦戸 亮)は、絞殺されたものと思われる9歳の少女(高松咲希)に関する鑑定を依頼される。

被害者は、同級生の三島唯(稲垣来泉)と公園内の山林に基地のようなスペースを作って遊んでいた。

夕方、唯は先に帰ったが、被害者の母親から娘が帰宅しないとの通報があり、翌朝、遺体となって発見されていた。死因は窒息死だった。また被害者の通う小学校付近では不審者の目撃情報もあったという。ノンナ(新木優子)とともに付着物のDNA鑑定などを行った真野は、被害者に暴行された形跡がないことを確認する。

するとそこに、虎丸(船越英一郎)の先輩でもある刑事・鶴見茂(大地康雄)が現れる。鶴見は、20年前と10年前に起きた連続幼女殺人事件を追っており、今回のケースも犯行手口が酷似していることから情報を求めにきたらしい。

実は鶴見たちは、10年前に被疑者として西内智幸(池内万作)をマークしたが、証拠不十分で逮捕出来ずにいた。その西内は、被害者も時々訪れていた児童館のボランティア職員だった。

虎丸は、被害者の両親・松戸志津香(松本若菜)と直樹(永岡佑)に会いに行く。だが、志津香と直樹は、お互いに責任をなすりつけ、ケンカを始めてしまう。

そんななか、真野たちは証拠を求めて臨場に行く。そこで、木の枝が折れていることに気づいた真野が周辺を調べると、タバコの吸い殻が落ちていた。吸い殻から採取した検体のDNA型は、西内のDNA型と一致し…。

(引用元:ドラマトレース公式サイト

 

まとめ

ドラマ『トレース~科捜研の男~』のネタバレを含めた感想・あらすじをご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

もし実際のドラマ「トレース~科捜研の男~」の動画を見てみたいと思った場合は、FODプレミアムで最初から最後まで高画質で楽しめますので、ぜひチェックしてみてください。

トレース~科捜研の男~の動画はコチラ

-ドラマ
-

Copyright© 映画ネット , 2019 All Rights Reserved.